お客様インタビュー

  1. Home
  2. お客様インタビュー
  3. 福岡市南区YA様邸

お客様インタビュー

福岡市南区YA様邸

①D&Hで家を建てたきっかけを教えてください

もともとマンションを購入して住んでいました。住み替える予定はなかったのですが、子どもの成長とともに、「やっぱり一戸建てで子どもをのびのび育てたいね」と。子どもが転校しなくていいところをキーワードに3年ほど土地探しをしていましたが、ちょうどいい場所に土地が販売されており、そこでD&Hを知りました。実は展示場なども見に行っていないんです。子どもが小さかったので、なかなか時間もとれませんでしたし。D&Hの平尾のオフィスがとてもお洒落だったことと施工例写真などを見て、デザインがいいなと。また担当の方が話しやすく聞きやすい人柄も決め手でしたね。見積もりも現実的。希望をしっかり把握して、間違った方向の提案はしてこない。実際に予算通りに実現できました。


②こだわりのポイント・こだわったところはどこですか


リビングは広く、明るい感じに。夫は背が高いので、一段と伸びやかな雰囲気が希望でした。そこで床を明るい色にすることでより広く見えると提案してもらいました。また玄関から入ったら一度は顔を見られるようにリビングに階段を。マンションは玄関からそのまま洋室に行く間取りだったので。吹抜は2階の家族とも会話が交わせていいですね。木の手摺を提案してもらいましたが、子ども達はここで足をぶらぶらさせたりしながら、楽しそうに見下ろしています。ひな祭りの人形など年に一度しか出さないものでもゆとりを持って入れられる大きな収納スペースも希望しました。コーディネーターの方は物を見る目が確かなので、アドバイスがとても助かりました。迷ったときは相談。「どっちがいいですか?」という質問に「こっちです」と必ず答えをくれる。また家具についても詳しい。話がとても楽しくて盛り上がりますし、「こういうのありますよ」と好みをしっかり把握した提案をしてくれるので嬉しかったです。


03



③造ってよかったと思うところはどこですか


ウッドデッキですね。キッチンから食材を運んで、バーベキューしてすぐ食べられる。やってみるまではこんなに楽しいとは思いませんでしたが、一戸建てにして本当に良かったです。キッチンのそばの三連窓も大正解。キッチンに立ったら外の景色が自然に目に入って明るく開放感を感じます。また窓からすぐに新鮮な風を取り込めますし、窓辺にインテリアを飾るのも楽しいですね。和室は下にも収納スペースのある小上がりを提案してもらいましたが、人がたくさん集まったときにココにも腰掛けることができて便利です。実際に4家族が集まったことがありますが、全然窮屈に感じませんでした。窓はたくさん設けても、西日が直接入らないように、隣の人と目が合わないように、風は自然に通るようになど、プロとしての提案が随所に活かされています。


④リビングのこだわり


キッチンから立ってリビングを見渡せるように、明るさと開放感を重視。でもプライバシーは保てるように窓の位置は配慮。東向きは良縁に恵まれないから娘の部屋は東にはしない、など風水も勉強してしっかり希望を伝えました。D&Hの実例をホームページで見て参考にしました。子育て中でなかなか外出はできませんでしたが、実例写真にたくさんヒントがあったので、「こういうふうに」と伝えるのに役立ちました。また梅林のモデルハウスを夜見に行って、間接照明の参考にしました。


05


外観のこだわり
外観は白を基調にするけれども、冷たい感じにならないように。バルコニーに木をデザインするなど、ぬくもりを添えることを提案してもらいました。


イメージ_01


⑤家の中でここが一番すきです


夫・息子はリビング。リビングは縦長のリビングドアが広さを強調してくれています。吹き抜けと大きい窓は本当にいいですね。
また、夫は広いお風呂もお気に入り。背が高いのでのびのび手足を伸ばせる広さはリラックス効果も倍増。
妻はキッチン。三連窓を開けると風が自然に通り、気持ちいいです。
娘は自分の部屋。大好きなピンク色を壁紙に使ってもらい、可愛い雰囲気がお気に入り。


イメージ_25


⑥こうしておけばよかったと思うところ


庭の水栓は当初2カ所提案してもらいましたが、2つは要らないかなと1つだけにしていました。1つの水栓からホースを伸ばして使いますので不便はないですが、やっぱり2つあった方がよかったなと思いますね。またキッチンからの景色を楽しむため、入居後にお隣さんとの間にウッドフェンスをつけてもらいました。これも住み始めてから気づくことですね。担当の方に相談して、すぐに対応してもらえました。


⑦家造りを進めるにあたって大変だったところ


平面図からはなかなかイメージできなかったので、立体的な模型をつくってくれました。これはとても良かったですね。また、専門用語できるだけ使わず、イメージできないところは実物を持ってきてくれて「どっちがいいですか?」とわかりやすく説明してくれたのも助かりました。また一般の人がしているweb見学会も参考にしました。実際に家を建てた人が自分の家を紹介しているもので、壁の色、トイレの種類、インテリアの参考にしました。どんどん新しい設備やデザインが出てくるので、リアルタイムの情報はとても役に立ちました。