お客様インタビュー

  1. Home
  2. お客様インタビュー
  3. 筑紫野市T様邸

お客様インタビュー

筑紫野市T様邸

D&Hで家を建てたきっかけを教えてください

仕事柄転勤が多く、早く子どもたちに安定した暮らしを与えたいと思っていました。家を建てれば転勤になっても単身赴任をして、子どもたちが転校するリスクがなくなりますから。夫婦がそれぞれ熊本・大分が地元で、緑豊かな環境で育ったので同じような環境で子育てをしたいと思いました。また交通アクセスの良さ、学校へ通いやすいなど住環境の条件をいろいろ出して、まずはネットやSUUMOで調べて土地探しから始めました。土地探しと平行して展示場巡りもしていたのですが、マリナ通りの展示場でD&Hのモデルハウスの外観を目にして直感的に「いいな」と感じました。中を見て吹き抜けの開放感に「すごい!」と。そこで土地探しについても相談したところ、駅にも学校にも近い場所の土地を紹介してもらいました。毎年4月には転勤の可能性があるので3月までの入居が希望で、タイミングとしてもばっちり。たまたま角地にキャンセルが入り、広さも理想的。数々の条件が揃い、D&Hさんに決まりました。

こだわりのポイント・こだわったところはどこですか

モデルハウスで気に入った吹き抜けとウッドデッキは是非欲しいとお願いしました。キッチンの大きな収納は妻の希望。グレーの色彩セレクトは私(夫)。モノトーンが好きなので、落ち着いた色を選択しました。ぐるぐる回れる便利な動線は設計士さんからの提案です。
将来単身赴任になることを想定してセキュリティにもこだわりました。窓を細くしたのは割って外から侵入されないようにするためです。

 

04

 

造ってよかったと思うところはどこですか

大きな窓。周辺の景色を楽しめる窓が欲しいとお願いすると、窓枠と同じサイズの木枠をつくって、実際の見え方を現地でシュミレーションしてくれました。まだ建物の工事が始まる前の土地で脚立に登って「ダイニングの椅子に腰掛けて見える景色」を具体的に。すごくワクワクして「ここまでしてくれるんだ」と感動しましたね。実際に出来た窓はシュミレーション通り。子どももここから見える景色が大好きで、自分でロールカーテンを調整して光の入り方にもこだわっています。先日近所に工事のショベルカーが来ていた日は、お菓子を食べながらず~と見ていましたね。ここはバーカウンターとしてもイメージしていて、夜景を見ながらお酒を飲むのも楽しいですね。

 

イメージ_20

 

家庭菜園もつくって良かったと思います。ネギやしそなどにトライして、毎日の食事に添えています。春菊やほうれん草にもチャレンジしたいです。子どもたちはトマトが苦手なので、一緒に育てて食べられるようになってくれるといいですね。またウッドデッキは同世代のお隣さんを誘ってバーベキューをしたり、子どもたちも大喜びです。モデルハウスを参考にデッキをベンチ代わりにできるようしてあるので便利です。

 

イメージ_11

 

リビングのこだわり


吹き抜けです。あると開放感が全然違いますね。床にはこだわりのミャンマーチークの無垢材。きれいな木の色になじむ色を考えてキッチンはグレーに。幅木も色を塗ってもらうなど細かい点に配慮してもらいました。子どもたちがゴロゴロ出来るように、畳スペースもつくりました。小上がりで下は収納。奥までたっぷり収納できて、すぐに片付けられて便利です。

 

09

 

家の中でここが一番すきです

夫:畳スペース。いつも仕事から帰ってくると家族はさきに就寝しているので、ここでウイスキーを一人で楽しんでいます。
妻:ダイニング。椅子に腰掛けると窓の外に緑が見えて飽きません。
子どもたち:畳の上でゲームをしたり絵本を読んだり。

こうしておけばよかったと思うとこ

何度も打ち合わせをして、毎回2時間ぐらいはじっくりかけたおかげで、こうしておけば良かったという点はほとんどないですね。人より要望が多かったかもしれませんが、めげずに対応してくれました。その分満足しています。暮らし始めて荷物が増えたので、収納はもう少しあっても良かったかなと思います。お客様用の布団など大きな荷物は今は子ども部屋に置いていますが、どこかに収納したいですね。これからもっと荷物が触れると思うので、どこに何をしまうかをじっくり考えたいと思います。

家造りを進めるにあたって大変だったところ

壁紙の色など。基本は白でトイレの壁紙だけ一部を変えました。壁紙のサンプルは小さく、種類も豊富で選ぶのが大変でした。でもコーディネーターさんがいろいろアドバイスをくれたので、楽しみながら悩んだという感じですね。キッチンは白を基調にしている分、シンプル過ぎたので、食器棚の取っ手を黒に変えてもらいました。素材や材質にはこだわりがあって、アイアンの手摺や家具もしっかりした木材を選んでいます。そんな想いをコーディネーターさんもくみ取ってくれて、いろいろ配慮してくれました。ショールームもたくさん回り、ずいぶん迷いましたが、キッチンはいいものを、ほかは抑えることで予算内に。また床は1階だけ無垢材を使うなど妥協を交えながらも結果的に満足のいく形になりました。

実際、外断熱の家に住んでみて感想

吹き抜けは、当初「エアコンの効きが悪くなるのでは」と心配でしたが、外断熱や二重サッシのおかげで全く問題ありませんでした。また梅林モデルハウスで11月に宿泊体験をしましたが、静かで過ごしやすかったです。実際に暮らしてみると夏場は外から帰ってくると家の中がヒンヤリしてて気持ちよかったです。朝の冷気が残っているんですね。

戸建て住宅にして良かった点

社宅の5階に住んでいましたが、エレベータがなくて上り下りが大変。それに子どもの足音が気になりました。クッションシートを敷いていましたが、それでも響いてしまいます。子どものためにも一戸建てがいいと思いました。リノベーションはあちこち補修すると新築並みにお金がかかる。建売住宅も気に入った家がありましたが、土地の条件が合いませんでした。そこでそれまでみた家の気に入った部分をいいところ取りして注文住宅に反映しました。たくさん見た甲斐がありました。駅から歩いて帰ってこれるので、飲んで帰る日も便利です。子どもたちはのびのび。大声出してもいいし、ご近所は同世代が多く外遊びが楽しいので、家でTVをあんまり見なくなりましたね。

これから楽しみにされていること

庭の木の成長が楽しみです。落葉樹のヤマボウシが紅葉したり、オリーブが実をつけるなど、季節ごとに色んな変化があります。外構までしっかり仕上げてもらったので、お金はかかりましたが、見た目の完成度が違います。後からではきっとやらないと思ったので、すべて完璧にしてもらいました。アプローチには砂利をアレンジしてシックな雰囲気に。これは長く飽きないデザインがいいと思ったからです。外壁はサイディングの方が耐久性は高いですが、見た目にこだわりたくて深いグレーと白の2色を使いました。緑との相性もいいですね。アプローチの緑は2本の木が左右から中央にしなってアーチをつくるように計算されています。木の成長とともに完成する予定で、とても楽しみです。

 

イメージ_14

 

アフターメンテナンスについて

ベタ基礎でコンクリート杭も打ってもらうなど、後から見えなくなる部分にもしっかりした対応をしてもらいました。さらに外断熱で、24時間換気。長時間外出する時は「強」にしておけば、新鮮な空気を自動的に入れ替えてくれるので快適です。家が広くなったのですが、掃除は以前よりラクになりました。結露がなく、空気もきれいでホコリが少ない為だと思います。担当者も話しやすく、決してガツガツ営業されたわけはありません。せっかくならという気持ちになりました。それにD&Hさんは何かあったらすぐに相談できますし、安心と快適さを買ったのだと思っています。