D&Hブログ

  1. Home
  2. D&Hブログ
  3. 蚊の侵入を防ぐために

蚊の侵入を防ぐために

2017/07/25

理想の家の作り方

その他

こんにちは、
D&H工務部です。

猛暑の日が続いていますが、夜には涼しい風も入ってくるので、クーラーをつけずに
窓を開けて過ごす方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして寝る時間・・・・

ぶーーーーーっん

眠りを邪魔する厄介な侵入者 『蚊』。

網戸も締めてるはずのに、一体どこからか侵入してくるのでしょう。

 

今回は、蚊の侵入を防ぐポイント『窓と網戸の位置関係』についてお届けします。

 

網戸と窓の位置関係

【良い例①】

●窓を全開。網戸は最後まできっちりしまっている状態。
網戸と室外側のフレーム同士がしっかり重なっているため、隙間がありません。

 

【良い例②】

●窓は半分開いている状態でも、フレーム同士がしっかり重なっている状態。
フレームが重なっているため、蚊が入る隙間がありません。

 

【悪い例】

窓を半分開けており、フレーム同士が重なっていない状態。
室外に対して隙間ができ、蚊が侵入しやすくなります。

 

ポイントは、網戸と外側の窓のフレームの位置を合わせ、端をしっかりつけること。
窓を閉めているときも網戸はしっかりと端に寄せることです。

 

意外と知られていない正しい網戸の使い方、ぜひお家で試してみてください ♪