AFTER MAINTENANCE

アフターメンテナンス・保証制度

Life Support 60 安心をお届けするD&Hの保証制度60年保証・アフターメンテナンス・施工管理・保険 Life Support 60 安心をお届けするD&Hの保証制度60年保証・アフターメンテナンス・施工管理・保険

ABOUT

Life Support 60とは

Life Support 60は、ご家族の「安心」のために生まれたD&Hの保証制度です。
「外断熱工法」での快適な住環境と、自然の恵みを暮らしに融合させる「環境共生」。
D&Hはこれらを実現した快適な住まいをご提供し、ご家族に永く安心して暮らしていただくために、保証制度「Life Support 60」を設けております。

ご家族に必要とされ末永く愛される企業として、お客さまの暮らしを全力でサポートいたします。

01

建物初期保証20年・
建物最長60年保証

末永い安心を追求する建物初期保証20年・最長60年の長期保証制度

D&Hは厳格なる管理のもと施工を行っております。そして施工後も安心して末永く暮らしていただけるよう、お引き渡し後初期保証20年間・最長60年の長期保証を行っております。
お引き渡し後、継続してアフターメンテナンススタッフによる定期訪問・点検で住まいの健康状態をチェックしています。
ご家族に必要とされる企業として、お引き渡し後も大切に住宅を見守り続けてまいります。

※「災害などの外的要因」「使用上の過失」など、対象外となる不具合もございます。詳しい保証内容は各種約款をご確認ください。
※保証期間内であっても、お客様ご自身で他社へ補償や修理を依頼された場合は、保証が適用されず、補修費用のお支払いなどは致しかねますのでご注意ください。
※10年目までの住宅瑕疵担保責任保証による保証と、11年目以降の保証では、一部内容が異なります。

建物初期保証20年についてよくあるご質問

  • 一般的な保証制度と何が違いますか?

    建物において重要な構造・防水の不具合の責任期間は、法律で10年と定められています。
    そのため、住宅会社の保証は10年間というのが一般的ですが、当社はお客さまに長期の安心をご提供するために
    初期保証を20年間(最長60年)としております。

  • どんなことが起きた時に保証が役立ちますか?

    万が一、雨漏りなどの重大な不具合が起きてしまったときでも、保証期間内であればお客様負担なく補修いたします。

  • 一般的に雨漏りの補修にはどのくらいの費用がかかるのですか?

    一般的なケースでは、60万円〜90万円程度の補修費用が必要となります。場合によっては、200万円以上の補修費用がかかることもあります。当社では、お引き渡し後20年間、突然の不具合発生時にも、費用負担なく補修させていただきます。

  • 引き渡し後に雨漏りなどの不具合が起きた時はどのようにすればいいですか?

    万が一、雨漏りなどの不具合が発生してしまった場合は、当社までご連絡ください。保証内容に従い、責任を持って補修を実施させていただきます。

  • 万が一、住宅を建築した会社が倒産などしていたらどうなりますか?

    当社が倒産・廃業した場合は、本サービスのバックアップを請け負う第三者機関にて保証を継続いたしますのでご安心ください。

1

メンテナンス制度

D&Hでは建物お引き渡しから3ヶ月・1年後、以降10年目まで毎年1回、11年目から60年目まで5年に1回点検を継続して実施しております。点検には専門スタッフがお伺いし、検診・メンテナンス箇所のアドバイスを行います。
アフターメンテナンスに関する詳細はアフターサービス基準書をご覧ください。
末永く安心して暮らしていただくためのロングライフサポートです。

2

アフターメンテナンスダイアリー

アフターメンテナンスダイアリー

お客さま自身がご自宅の状況を把握することは、安心の住まいを保つためにとても重要です。
D&Hでは大切な住まいにをしっかりと長持ちさせていただくため、ご入居後の維持管理や点検修繕などに関する履歴情報を記録する「アフターメンテナンスダイアリー」をお渡ししております。
住まいに関する情報を蓄積することができ、履歴情報を有効活用することで住まいの適切な維持管理・効率的な修繕・リフォームが可能となります。また、ご自身でできる維持管理方法・注意事項もまとめておりますので、日常的な点検の参考としてもご活用いただけます。

02

地盤調査・保証制度

地盤・基礎は安心の家づくりの基本

家を建てるにあたって地盤の固さは非常に重要です。
いくら基礎や構造がしっかりしていてもそれらを支える地面が安定性に欠けるのでは話になりません。

地盤の軟弱さに起因する不具合で一番問題となるのが不同沈下です。
不同沈下とは、地盤が沈下する際に家を支えている地盤が不均一に沈むことです。
不同沈下が発生すると家が傾き、ひどければ倒壊する恐れもあります。
建物を支える重要な地盤、そしてその上に施工される妥協することない基礎は、安心の家づくりの基本です。

D&Hが所有する分譲地には全区画地盤保証をお付けしております。

1

調査から保証までの流れ

下記の手順にて地盤の調査〜基礎工事が行われます。調査会社の指示に従い施行した地盤には、20年間の保証が発行されます。

地盤の調査〜基礎工事までの流れ 地盤の調査〜基礎工事までの流れ

2

地盤改良工事の種類

当社では、戸建住宅において一番多く採用されている調査方法である、スウェーデン式サウンディング調査を行います。
調査結果から補強が必要だと判断される場合は、3種類の改良工事より適切な工事を行います。

地盤改良の種類 地盤改良の種類

  • 表層改良工法

    軟弱地盤が深度2m までの場合に行う工法です。

  • 柱状改良工法

    軟弱地盤が深度2m から8m までの場合に行う工法で、セメントミルクを注入しながら掘削し、土中に柱を作ります。

  • 鋼管杭改良工法

    鋼製の杭を地中に打ち込む工法で、深度30mまでの工事です。

3

安心の地盤20年保証

指示に従い施工を行ったにもかかわらず、万が一地盤に不具合が生じた場合には、保険により下記の限度額を上限に補修工事等の費用が支払われます。

限度額合計で5,000万円 限度額合計で5,000万円

※免責事項、保証金額が支払われないケースもございます。詳しくはスタッフにお尋ねください。

03

施工管理・検査・保険制度

万全の体制でお客さまに安心を提供

D&Hでは自社での施工管理の他に日本住宅保証検査機構(以下 JIO)の検査を受けています。自社と第三者機関の二重のチェック体制を整えることで、お客さまにより安心していただける家づくりを提供しております。
また、平成21年10月1日以降引き渡される新築住宅に対して、瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置が義務付けられました。JIOは国土交通大臣の指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人で、当社はJIOの保険に加入しています。

株式会社日本住宅保証検査機構JIO

1

施工管理の流れ

D&Hの現場責任者による厳しい現場チェックを行うとともに、建築士の資格を持ったJIOの現場検査員が3回の検査を厳しく行います。
検査が合格しないと次の工程に進めない仕組みとなっています。
※保険付保には建物の検査が必要です。

施工管理の流れの図 施工管理の流れの図

2

事業者加入の保険

新築住宅を供給した事業者(D&H)が住宅瑕疵担保責任に基づき補修を行い、JIOは補修費用を保険金として支払います。
この保険はお客さまご自身が保険金を支払って加入する保険ではなく、建設業者が保険金を支払い加入する保険です。
お客さまは費用負担を必要とせず、保険が付保された安心の住宅を取得することができます。
※詳しくはスタッフにお尋ねください。

事業者加入の保険の図 事業者加入の保険の図

※1 ここでいう瑕疵とは住宅の中でも特に重要な部分である構造耐力上主要な部分(柱や梁など)及び雨水の浸水を防止する部分(屋根など)に欠陥が生じることをいいます。
※瑕疵担保責任とは、契約の目的物に瑕疵があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償しなければならない責任のことです。

住宅設備延長保証 グラン・ワランティ

メーカー保証期間と合わせて最長10年保証

ご購入いただいた当社の住宅に設置されている「住宅設備」をメーカー保証が終了してもお渡しから10年間、
メーカー保証と同等の無償修理サービスをご提供いたします。

保証対象設備 基本パッケージ

コンロ(IH)※1

コンロ(ガス)※1

給湯器(エコキュート)※2

給湯器(ガス)※2

レンジフード

食洗機(ビルトイン)

浴室乾燥機

洗面化粧台

換気扇(24時間換気)

温水洗浄便座(2台まで)

インターホン

火災報知器

対象設備であれば

国内外メーカー問わず保証 ※3

何度修理しても

修理回数に制限なし ※4

部品供給終了で修理不可の場合

同等品と交換可能 ※5

保証対象外の事項

  • 落下破損、火災・落雷、地震・津波・水没湿気・業務の仕様、ソフトウェアウィルス感染、経年劣化等が原因・起因する事故
  • 会員様自身で修理・改造した場合、会員様自身で業者を手配した修理等
  • ※1: いずれか1台のみ保証  ※2: いずれか1台のみ保証
  • ※3: メーカーは国内外問いませんが、日本国内において1年以上のメーカー保証がある設備に限ります。
  • ※4: 回数に制限はありませんが、1住宅あたり累計300万円が上限となります。上限に達した場合、その住宅に対する保証は終了いたします。
  • ※5: メーカー製品生産終了もしくは部品供給終了により、部品交換を伴う修理が不可能な場合、同等機種への新品交換が可能です。
       また、交換を行った場合は、住宅購入時の設備ではなくなるため、その設備に対する保証は終了します。
3

専任のスタッフによる点検

メンテナンス専任のスタッフが、点検を行います。
お住まいの健康状態をチェックし、安全の確認やメンテナンス方法等のアドバイスをいたします。

メンテナンスの内容

ヒアリングシートを元にお客様に不具合などをお聞きする写真

ヒアリングシートを元にお客様に不具合などをお聞きする写真

ヒアリング

お住まいの不具合や日常生活で気になる点、使い勝手などをお聞きし、点検時に確認後、ライフスタイルに合わせたアドバイスをいたします。

外壁をチェックする写真

外壁をチェックする写真

外回りの状況

外壁や屋根は、長年風雨に晒され紫外線に当たることで傷んでいきます。
メンテナンスの際には、窓枠回りや外壁材のつなぎ目など、雨水が侵入しやすい場所が傷んでいないか、亀裂やひび割れ、カビや藻の付着がないかの確認を慎重に行います。

床下に潜って水道管のチェックを行う写真

床下に潜って水道管のチェックを行う写真

日常では目の届かない
床下

木造住宅は、地面に近い床下部分から腐食やシロアリ被害が発生し、老朽化が進みます。その最大の原因が、湿気です。湿気が多くなる原因として、屋根の雨漏り、外壁の亀裂による雨の侵入、水道管の微量の漏水、排水管からの漏れ等があげられます。
点検では、漏水はないか、24時間換気での空気対流は保たれているか等の確認を行います。

ドアのサッシをチェックする写真

ドアのサッシをチェックする写真

ドア・アルミサッシ

ドアは開閉回数が多く、不具合が出やすい箇所なので、接続部分やネジの緩み等を確認し、スムーズに動作するよう調整します。

換気システムの動作確認を行う写真

換気システムの動作確認を行う写真

24時間換気システム

健康で快適な生活を送る上で重要なのが、新鮮な空気の流れです。
換気システムの動作の確認を行い、必要に応じて清掃方法のアドバイスをさせていただきます。

お客様がお困りの不具合をチェックする写真

お客様がお困りの不具合をチェックする写真

不具合や気になる個所
への対応

お客さまからヒアリングさせていただいた不具合や気になる個所について、対応していきます。
また、普段のお手入れの仕方などをアドバイスをさせていただき、快適なお住まいを長持ちさせるためのサポートをいたします。

SUPPORT

D&Hお客様センター

より質の高いサービスをご提供するため、24時間・365日のサポート体制を整えております。
お客さまからの声に迅速に対応し、ご契約後のライフサポート体制を充実させております。

CONTACT US

D&Hの家づくりが気になる方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問合せ

0120-010-111

営業時間:9:00~18:00

タップで電話をかける

OFFICIAL SNS