家づくりの特徴

快適な暮らしを、自然に手伝ってもらうこと。

間仕切りの少ない伸びやかな空間をめざすディー・アンド・エイチだからこそ、冷暖房効率が悪くならないように家全体を外からすっぽり断熱する「外断熱」で、冬暖かく、夏涼しい家を追求しています。
同時に、自然の力とのいい関係を築き、電気やガスをできるだけ使わない暮らし方もご提案。
光や風、緑の恵みを上手に取り込むことで、環境や家計にやさしいだけではなく、日本人の心の底流にある自然と共に生きる「環境共生の家」を探究し続けています。

風の力を活かす配慮

湿気をためこまず家の劣化を防ぐという意味でも通風は大切ですが、それ以上に季節の風を肌で感じるひとときは、人の心を癒す力があります。
私たちは、人の動線を考えるように光や風の通り道も考え、プランニングの際に部屋の間取りと平行して、窓を最適に配置していきます。
できるだけクーラーなどの機械に頼らなくても快適に過ごせるように。そして、心地いい風が家族の会話に四季折々の話題までも運んでくれるように、自然を取り込む家づくりを推進しています。
実際のプラン図面です。風の通り道を入れて提案しています。

緑の力を活かす配慮

例えば、ウッドデッキやリビングのサッシのすぐそばには、ある程度の大きさの落葉樹を植えるという工夫があります。それは、夏には葉が茂り、暑い陽射しを遮り、風だけは部屋の中に呼び込むことができるからです。逆に冬には葉が落ちるので、暖かな陽光を遮ることはありません。
調湿作用や森林浴の心地良さなど樹々がもたらす歓びは限りなくあります。
私たちは家だけではなく植栽や外構計画なども併せてご提案することで、めぐる四季と向き合い、自然と会話する心豊かな生活シーンをお届けできると信じます。