家づくりの特徴

  1. Home
  2. 家づくりの特徴
  3. 防蟻処理住宅とシロアリ

こんにちは! D&Hです。

これからマイホームをご検討されるみなさま。住宅のシロアリ対策について、ご存知でしょうか?住宅の耐久性を高めるためには、シロアリ対策を新築建築時にしっかりと行うことが大切になります。

そこで今回は、住宅のシロアリ対策について解説いたします。

シロアリ対策

・シロアリが好む条件とシロアリ対策を施した家づくり

 

住宅の床下や壁の中にシロアリが入り込むのは、日当たりが悪い場所、温かいところ、湿気が多いところ、この3つの条件があり、かつ好物の木材がある場所です。シロアリは木材だけを食べるのではありません。鉄とガラス以外はなんでもかじります。大切な家をシロアリの被害から守るためには、まずこの3つの条件がそろう場所を家の中につくらないようにすることが大切です。

 

これらの条件を無くすために、日本の伝統的な家づくりでは、土の上に束石を置いて束を立てて基礎としていましたが、どうしても土壌からの湿気が床下に上がってきます。その湿気がこもらないようにするために、換気口を設け、風通しを良くしていました。しかし、これでは底冷えの原因になってしまいます。

 

シロアリ対策を考慮することで、底冷えという問題が発生し、本当の意味で快適に暮らせる住宅ではなくなってしまいます。

 

シロアリの特徴を知った上で、シロアリが好む場所をつくらないことが大切です。

 

D&Hの基礎は、防湿フィルムを敷いて土壌から上がってくる湿気を防ぎ、かつベタ基礎(床の下の一面をコンクリートとし、壁の位置に立ち上がりをつけた基礎)のため、土壌からの湿気を防ぐことができます。また、土台にはヒノキやヒバといったシロアリに対して強い樹種を使用しています(現在の木造住宅では最も多く採用されている基礎の工法)。

 

しかし、これだけでは湿気を完全に防ぐことはできません。湿気は家の内部(生活空間)で大量に発生し、床の仕上げ材などを簡単に通り抜けます。温度差の無いところでの湿気は大きな問題になりませんが、温度差のあるところに大量の湿気を含んだ空気が接すると、結露して水滴となります。この水滴が木部などに接すると腐り、シロアリが大好きな環境が完成してしまいます。

 

D&Hでは外張り断熱工法・全熱交換型第1種24時間換気システムを採用しておりますので、下図のように床下に温度差が発生せず、さらに換気システムによって、床下の空気も常に室内と同じ環境になっているため、結露が発生する危険性が大幅に軽減されており、シロアリが好む環境が大幅に減少しています。

 

※地面から50cmの高さでは梅雨時期の雨のあとの湿度は90%となります。

・充填断熱

結露が発生し、水分が発生し床下は 「シロアリ」「腐朽菌」が好む環境になります。

・外張り断熱

湿度が高い外気を直接取り入れない床下は24時間換気で水気のない環境を維持します。

 

・D&Hが採用する防蟻剤 10年間保証付

シロアリ対策は、シロアリが好む環境をつくらないことと、適切な防蟻処理を施すことが大切です。

 

D&Hでは、「ターミダンシート」という防蟻シートを基礎の下に敷き込み、「ネクサス20WE」という処理剤を木部に散布する工法を採用しています。「ターミダンシート」は、人間や動物に最も安全で刺激が少なく、環境にやさしい、そしてシロアリには高い効果がある薬剤です。「ネクサス20WE」の主成分「ピリプロール」は犬用ノミ駆除剤に使用されており、人やペットに影響が少なく、2種類の殺菌成分ヘキサコナゾール、IPBC配合により、高い防腐・防カビ性能を発揮します。木部処理日から10年間、上限1000万円まで保証されます。

 

「ターミダンシート」 敷き込み

「ネクサス20WE」 柱・壁パネル処理(床から1m裏表)

D&Hはシロアリ対策を考慮した家づくりをしています

シロアリの被害を防ぐための対策は、建築基準法でも定められております。シロアリは木材を中から食べ始めるため、表面的には被害が見えにくく、発見が遅れやすいです。知らない間に、家を支える土台や柱などの木材が老朽化してしまい、大規模な修復工事が必要になってしまうこともあります。

 

D&Hでは、防湿フィルムや防蟻シートを敷いたり、シロアリに強い樹種を土台として使用するなど、シロアリ対策を施した家づくりをしております。

 

木部処理日から10年間、上限1000万円までの保証もございますので、是非一度ご相談くださいね。