D&Hブログ

  1. Home
  2. D&Hブログ
  3. その他
  4. 「好きなものに囲まれて、ほっとできる時間を」共働き家族F様邸ルームツアー

「好きなものに囲まれて、ほっとできる時間を」共働き家族F様邸ルームツアー

2023/11/07

仕事に家事にと忙しい子育て世代。特に共働きファミリーにとっての家づくりは、ご予算や立地、デザインだけでなく、家族がゆとりをもって過ごせる家であるかどうかも大切になってきます。

好きなものに囲まれて、ほっとできる時間を過ごしたい」と話してくれたF様は、共働きご夫婦とお子様3人のご家族。お気に入りの家具やインテリアを軸に間取りを作りながら、機能性にもこだわり、家族がゆとりを持って暮らせる住まいを一緒につくりあげていきました。

 

❚ 6帖の和スペースを併設。視覚的なゆとりを感じるLDK

視覚的な広さが十分に感じられる吹き抜けのLDKは、ご家族が憧れていたダイニングテーブルを起点に生まれました。設計図を考える際に、ダイニングテーブルのお話を伺っていたため、サイズやデザインを元にLDKの設計を組み立てています。

ダイニングテーブルを照らす2つの照明も、F様が決めていたもの。D&Hのコーディネーターと相談しながら、テーブルに合わせて照明のサイズや配置を決め、天井にシーリングコンセントを埋め込んでいます。ダクトレールを使わないため、すっきりとスタイリッシュな印象に。ご希望の家具に合わせて間取りのプランが作れるのは、注文住宅ならではの利点です。

LDKに併設されたのは、引き戸で間仕切りできる畳のスペース。現在は子どもたちの遊び場として活用中です。
和室にある窓は、奥様の強いこだわりから生まれました。
「仕事や子育てで忙しいなか、ほっと一息できる空間がほしい」と話されていた奥様。ちょうど対面にあるキッチンで作業をしていると視線が外に抜けるので、ゆとりを感じることができます。

また、キッチンの飾り棚にもお気に入りのインテリアやくつろぎタイムに欠かせないコーヒーグッズが並びます。

 

❚ 本当に必要な広さを確認して、家事をスムーズにする空間をつくる

共働きのF様ご夫婦にとって、くつろぎの空間はもちろん、毎日の家事が快適にできる機能的な間取りも重要です。キッチンからはランドリールームに行き来が可能。広さを確保したランドリールームには、洗濯物を畳んだり、アイロンがけをしたりするのにぴったりのカウンターもあり、家事動線をコンパクトに納めています。

 

❚ 帰宅後動線を大切に、デザインアクセントにもなる洗面スペース

ランドリールームからもアクセスできる洗面スペースは、リビングを通って奥に配置することに。リビングから見える洗面スペースの一部には、からし色の大きなタイルを採用しました。白を基調に、落ち着いたテイストのF様邸ですが、このささやかなスペースのタイルが良いアクセントになっています。

 

❚ 共有スペースにつくった収納と書斎

2階廊下の奥のスペースを利用して、ご主人の書斎スペースも。押し入れスペースに隠れるようにデスクカウンターを設置しているので、家族の気配を感じながらも、ほどよいおこもり感で集中して作業ができます。共有できるスペースに収納を設けることで、いつでもだれでも出し入れしやすい空間となります。

 

❚ 理想の暮らしを叶える家づくりをD&Hで

視線の抜けで開放感を生み出した窓の配置、お気に入りを飾って、家族の様子を見ながら家事ができるキッチン、ご主人お気に入りの書斎スペース、家族が快適に過ごせる帰宅時の動線等、こだわりのスペースが散りばめられたF様邸。そのひとつひとつが、忙しい日々にほっと心安らぐひとときを運んでいます。

D&Hでは、みなさまに理想の家づくりをしていただけるように、“ご家族がどんな暮らしを送りたいのか”、を設計士がしっかりと事前ヒアリング。ご契約前に、外観・間取りのご提案や図面作成をさせていただきます。また土地探しからのサポートも可能です。ぜひ一度ご相談ください。

家づくりの相談は、コチラからご予約いただけます